任意売却を成功させるには外せない4つのポイント

そもそも任意売却とは?

住宅ローンを払えなくなると、金融機関は裁判所を通じて強制的に不動産の売買をする競売手続きを行って住宅ローン債権を回収していく方法を取ります。競売を回避するための強力な解決方法が、「任意売却」なのです。
任意売却とは債権者と債務者の間に裁判所ではなく専門の不動産コンサルタントが入ることで、ローン残高より不動産売買価格が下回っても売却ができるというやり方を指しています。
任意売却を成功させるためには不動産に関する専門的な知識が必要ですから、不動産に詳しい業者を選ぶことが重要になってきます。良い業者を選ぶためには、4つのチェックポイントが存在しているのです。任意売却の際に双方がある程度の満足を得るために、どうしてもはずせないポイントに注目していく必要があるでしょう。

4つのチェックポイントはこれだ!

任意売却業者から名刺を受け取ったら、名刺に記載されている事務所の住所、その会社のホームページをチェックしましょう。チェックポイントは自社で販売活動をしているかどうかで、ホームページもしくは口頭でしっかり確認してください。また任意売却のためには宅地建物取引業の免許が必要ですから、会社概要で業者名と免許番号を確認しましょう。免許番号が確認できない不動産業者はかなり危険です。
また任意売却成功には、販売能力をもった業者を選ばなくてはいけません。例えば東京の物件ならば東京の業者でなければわからないことが多いので、任意売却をする住宅のある地域を良く知っている不動産業者かどうかをチェックします。最後に任意売却後のアフターフォローがしっかりしている業者を選んでください。売却後の債務金額交渉に至るまでの体制がしっかりしているかどうかも大きなチェクポイントなのです。これは電話対応等でも確認できます。